PNF(固有受容性神経筋促通法)トレーニング

公開日:

PNF(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)は、アメリカの神経生理学者Kabat医師や理学療法士のKnottらにより神経生理学的原理を基に作られたリハビリ手技のことです。

日本語では「固有受容性神経筋促通(法)」と言われ、皮膚、筋、関節など体中にある感覚受容器から、専門医の徒手による適切な刺激と操作を脳に与えることで、体の動きを指令する脳神経と神経筋の弱まった結びつきを再び活性化させ、人間が本来持っている運動機能を引き出していきます。

2013年には涌井秀章がPNFを用いたトレーニングで股関節の動きを改善、フォーム修正に成功し、シーズン後半戦に9試合連続登板で自責点0、5連続セーブに成功するなど復活を遂げた。

このページの関連記事を読む

記事はありませんでした

PREV :
NEXT :

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑